んばんは、タクヤです

 

ネットビジネスをやる上で一番大事なのが体調管理なのですが

これがしっかり出来ていないとブログ更新も億劫になるんですよね

 

体と精神というのは密接にリンクしていて

どちらかがおかしくなると両方とも崩れます

 

で、僕最近少し鬱っぽくて、なんでかな~と思って色々原因を探していたんですけど

食生活がかなり乱れていたことに気が付きました。

 

1人暮らししているんですけど、食事を用意するのが面倒で

お昼はパンだけとか、夜はカップラーメンのみとか結構ヒドい食事をしてたんですね

 

そしたらあからさまにウツの症状が出てきちゃって

さすがにまずいなと思って

食生活を改善すべくこんな本を手に取ってみたんですよ

 

脳からうつが消える食事という本です。

 

そして読んでみたんですが、

まあ目からウロコがボタボタ落ちましたね。

 

今までの食事に対する考え方って何だったんだろうと

ビックリするぐらい間違った認識をしていたことに気づかされました。

 

本の内容をそのまま公開するのは、

著作権侵害になるのでやりませんが

 

今回はこの本を読んで僕がタメになると思った

3つの驚愕の事実についてお話ししようと思います

 

驚愕の事実①糖分で脳の疲れは取れない

よく疲労回復のために糖分を取れって言われて

今までは何も気にせずにその通りにしてきて

 

いざ食べてみたら本当に疲れが取れた気分になって

やっぱり糖分で脳の疲れは取れるな~なんて感じてたんですが

 

それは大きな間違いだったみたいです

 

正確に言えば、糖分を摂取することで脳内に

ドーパミンという快楽物質が放出されて一瞬疲れが取れたように感じるけど

 

実際には血糖値が急上昇していて

逆に疲れがたまっていたようですw

 

ドーパミンによって疲れが取れたと錯覚していただけということですね

 

また、糖分の摂り過ぎは鬱の原因にもなるみたいです

僕は肉や野菜を全く食べず、炭水化物ばかり食べていたので鬱になったのでしょう

 

糖分が脳を疲れさせるなんてビックリですよね^^;

 

驚愕の事実②脂肪を摂っても太らない

脂肪は食べれば見るからに太りそうなものナンバーワンですが、

実際には脂肪を摂取しても太らないようです。

 

脂質は人間の重要なエネルギー源であり

食べ過ぎなければむしろ摂った方が健康には良いらしいです

 

脂肪よりもむしろ糖分の方が太る原因になりやすく、

しかも現代人は糖分ばかり取っているので健康状態が悪いらしいですね

 

脂質よりも糖質の方が危険、ということです

 

驚愕の事実③栄養をちゃんと取ればウツは治る

ウツは精神科に行って薬を処方されないと治らないと思っていましたが

どうやら食事を管理することで十分治ってしまうようです

 

ここで大事な栄養素が、「タンパク質」です。

 

なぜタンパク質かというと、鬱の原因になる物質がセロトニンで

このセロトニンが不足することで鬱になります

 

セロトニンはタンパク質から作られており、

つまりセロトニンの材料となるタンパク質をしっかり摂ることで鬱が治ります

 

タンパク質が不足するとセロトニンが作られなくなるので

鬱の原因にもなるようですね

 

この本では、積極的にタンパク質を取るように繰り返し述べています

 

実際に本の内容を実践してみた

本を要約すれば「糖分を制限し、タンパク質を取れ」ということだったので

しばらく糖分をとるのをやめてみました。

 

そして卵や魚、肉などタンパク質中心の食事に切り替えました。

そうすると、効果は1日目から訪れました

 

いつも何かあればイライラしていた僕ですが

あまりカッとなることが少なくなりました

 

それだけでなく、いつも怠くてやる気が無かったんですが

体に覇気がみなぎってきてエネルギーが有り余って仕方がない状態になりました

 

なんというか、以前は常に「体が重い」状態だったんですが

本当に体が軽くなって精神的にも楽になりました

 

ビックリするぐらい効果が出ましたねw

この本の内容は試してみる価値があると思いました

 

しばらくこの食事法を続けてみようと思います。

 

もし気分がすぐれない状態が続いていたり、だるいと感じているならば

食事や食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

それだけでも劇的に体の状態が良くなるかもしれません

健康管理には十分気を付けましょう。

 

では、今回はこの辺で

最後までお読みいただきありがとうございました。