んばんは、タクヤです

 

少し重い話になってしまうんですが、

僕が小学校低学年の頃いつも父親が家にいなくて寂しい思いをしていました。

 

 

父が働いていた会社は急に転勤命令が出る事が多く、

たびたび出張のためどこか遠くの土地へ父は行ってしまいました。

 

それからというものの、家には母親とまだ小さかった弟しかいなくて

僕はいつも心にポッカリ穴が開いたような寂しい思いをしていました

 

家はなんだかいつもよりも無駄に広く感じ

いつも父がいた部屋に入ってみても物音ひとつせずガランとしていました

 

僕はいつも「何でお父さんは帰ってこないの?いつ帰ってくるの?(泣)」と

母に何度も何度も聞いていました

 

母親は決まって「もうすぐ帰ってくるよ。だからお兄ちゃんとしてちゃんとしなさい」

と言うばかりで僕は何度も悲しい心を押し殺しては我慢する日々を送っていました

 

僕の頭にはいつも、父親のぬくもりを感じたい、父親とたくさん話をしたいという

父と触れ合いたいという考えが浮かび上がっては消えていきました

 

寂しくて寂しくて、いつも寝るときには布団の中で涙をこらえては

父が帰る日を子供心に今か今かと待ち続けていました

 

僕はこの子供の頃の体験から、将来結婚して家庭を築いたときには

絶対に家を長い時間空けて子供に寂しい思いはさせまいと強く思っています

 

父親という存在はとても頼れる存在であり、特に男の子にとっては人生のお手本です

そんな父親が家に帰ってこなかったら子供は誰に頼ればいいのか分かりません

 

僕の母も父がいない寂しさからか、大分ヒステリックな状態になっていたし

イライラして叫んだり物を壊したり暴れることが多かった記憶があります。

 

弟の面倒も見なきゃいけないし

正直当時家で心休まることは無かったです

 

こういう記憶がいまだに心に根強く残っているからか分かりませんが、

僕は「自由になりたい」という気持ちだけは人一倍強いです。

 

時間的、経済的に自由になれば出張でもう家族を悲しませることは無いし、

精神的に自由になれば自分が悲しい思いをすることもなくなります

 

僕は子供の頃の体験によって強烈に自由を欲していたのだと

大学3年生の時に初めて気が付きました。

 

僕がブログ内で「自由」をあなたに手に入れて欲しいと願っているのは

これ以上何かに縛られることによって不幸になる人を増やしたくないからです

 

 

僕の父は会社に縛られた結果家族に寂しい思いをさせてしまいました。

 

もちろん父が自分勝手に家を空けたのではなく

会社の命令でどうすることも出来なかったのは仕方がありません

 

でも、こういう例が全国各地で頻繁に起きているかと思うと

僕はとてもやりきれない気持ちになります

 

出張命令や転勤命令によって家族のもとを離れなければけない人は

全国に数えきれないほどたくさんいるでしょう

 

僕だけでなく、多くの子供や奥さんが悲しい思いをしていると思います

言ってみれば僕たちはそんなクソ企業による被害者なんです

 

経営者側は人をそんな風に振り回すことによって利益を上げて

自分たちだけが美味しい思いをしています

 

自分たちはどこへも行かされることなく

自分の椅子に座ってぬくぬくとリッチな生活を送り続けています

 

悔しいと思いませんか?

 

僕たちにも、いや日本に生まれてきた国民全員が自分の意志で

自由に自分の人生を謳歌する権利が生まれながらに存在するはずです。

 

いや、必ず存在します

 

でも、多くの人がこの権利を手に入れられないのが現実です

自分で起業でもしないかぎり会社で働く以外に選択肢はないでしょう

 

でも、いまの時代だからこそ自由になれる方法があります

それは「ネットビジネス」に取り組むことです

 

ネットビジネスならば、会社で働く必要が無いし

人間関係に悩まされることなく仕事が出来ます

 

ネットビジネスについてはこちらの記事をご覧ください

ネットビジネス初心者講座

 

自由になる人がもっと日本で増えることを願っています。

 

では、今回はこの辺で

最後までお読みいただきありがとうございました。