んにちは、タクヤです

 

僕が仲良くしている友達に、旧帝大の医学部の人がいます

旧帝大の医学部と言えば偏差値70越えの天才が集まる場所です

 

そんな彼らの頭の中はどういう風になっているのか気になりませんか?笑

身近になかなかいないと思うのでとても貴重な存在だと思います

 

僕が彼と話して感じるのは、

・元々の頭がめちゃくちゃ良い

・細かいことは気にしないおおらかな性格

・良く寝る

 

この3つです。笑

では1つ1つ解説していきますね

 

ビックリするほど頭がキレる

旧帝医学部にストレートで合格するだけあって

彼はかなり頭が良いです。

 

僕が発言したことに対して2つも3つも知識を上乗せして返答します

とにかく切り返しが上手くて知識の量も半端ないです

 

また、考え方がものすごく合理的です

話をすればするほど彼の話に自然と納得してしまう自分がいます

 

そして何よりも頭が良いと思った理由は、

数学がとてつもなく出来ることですね

 

彼は高校1年にして国立大の入試問題をバリバリ解いていました

模試の偏差値はいつも70を超えていました

 

僕はいつも彼に数学の問題を教えてもらっていました

彼が「この問題分からない」と言ったことは一度も無いです

 

東大や京大の問題すらスムーズに解いてしまうほどでした

やはり地頭の良さというものは有るんだなと感じましたね

 

数学が出来るということは、

つまり非常に考え方が論理的なのです。

 

性格が超大雑把でマイペース

頭が良いから性格はキチっとしているのかと思いきやそうでもなく

結構心が広いというかおおらかな性格です

 

つまり小さいことにはこだわらないんですね

どうでも良いことは気にしない、考えないが彼のモットーでした

 

つまらない事にとらわれていると、

その分時間の無駄になりますし精神的にも良くないですよね

 

ネガティブな面を見るぐらいならポジティブな面に目を向けよう

というこれまた合理的な思考が見受けられました

 

僕はいつも小さいことにこだわってしまうし、基本ネガティブなので

彼の考え方は非常に参考になりました

 

彼は基本的に他人は他人と考えているようです

ストレスをためないカギは自分と他人を切り離して考えるということです

 

自分のペースを守るからこそ、

自分の力を最大限に発揮できるというお手本です

 

睡眠が何よりも大事

彼は高校時代の友達なんですが、

暇さえあればいつも寝ていましたw

 

もちろん誰とも喋らないとかではなく、

みんなと仲良くしつつどうでもいい時間は寝るみたいなスタンスでした

 

だから彼の周りにはいつも友達がいたし、

寝てることさえいじられてさらに人気者になっていました

 

自分の欲望に忠実に生きているといった感じですね

これもマイペースの賜物と言えるでしょう

 

もしかしたら、天才は頭をよく使うので

その分寝て回復しているのかも知れませんが・・・

 

凄くザックリになってしまいましたが、

僕が天才だと思う人の頭の中を紹介してきました

 

まあ、普通の人とそんなに変わらないという結論ですねw

細かいことを気にせず、良く寝ていました

 

旧帝医学部に行くような人でも、生活スタイルは一般人と変わらないのです^^

 

では、今回はこの辺で

最後までお読みいただきありがとうございました。