んばんは、タクヤです

 

結構、完璧主義に陥りがちな人って多いんじゃないかなって思います

 

僕もそうなんですが、何かに取り組もうとしたとき

少しでも上手くできないイメージがあると途端にやる気を無くしちゃうんですよね

 

なんか無性にめんどくさくなったり、イライラし始めて

「やっぱ俺には無理だ!」みたいな感じで投げだす・・・ということが多々あります

 

でも、そうはいってもこの調子だと何も進まないですよね

そこで、僕が試した「完璧主義をラクにする方法」を紹介したいと思います。

 

心がふっとラクになって作業がはかどるので試してみて欲しいです

 

①完璧にできなくても死なない

完璧主義の人に多いんですが、

成功しないと人生終わりだ!みたいな白黒思考になっている場合です

 

これは他人の目を気にしすぎています

ここで考えたいのが、実際不完全でもなんとかなるということです

 

人間は案外他人には興味が無いので、

他の人から見れば大したことのないようなことでも本人が深刻に悩んでいる場合が多いです

 

例えば、人間関係が辛くてバイトを辞めたとしましょう。

その時は恐らく「馴染めなかった・・・自分は協調性が無いのかな」なんて思うかもしれませんが

 

他の人から見たら、「バイト辞めたの?ふーん。そうなんだ」

程度にしか思いませんw

 

実際に他人が何かを辞めたり失敗しても

自分のことで精いっぱいで正直何日も気にしていないと思います

 

自分からすれば深刻かもしれませんが、

ハッキリ言ってしまうと他人は何の興味も持っていません。

 

それは、自分にとって関係ないことだからです

 

②とりあえず50%の出来でいいから取り組んでみる

50%の出来を目指してやってみましょう

 

よく言われるのが8割ぐらいの力で、ですが

8割でも高いです5割ぐらいの出来で十分です

 

ここで心配しなくてもいいんですが、

5割ぐらいの出来を目指しても無意識のうちに7割ぐらいこなせています

 

完璧主義の人は自分へのハードルが高くなりがちなので、

全然できてないと思っても案外完成度は高くなっているのです

 

5割思考の狙いは「自分へのハードルを下げる」です

自分が自分を苦しめていることに気が付きましょう

 

また、少しでも作業を始めることでどんどん楽しくなってきます

それは人間の脳には「作業報酬」というものがあるからです

 

作業報酬とは、何かに取り組めば取り組むほど脳にドーパミンが分泌されることです

始めは面倒だったけどやり始めたら楽しくて止まらなくなったというのはこのパターンですね

 

50%を目指すというのは、

この作業報酬を得るという目的もあります

 

③何か別の要素を取り入れる

これは勉強する時やランニングをするときに有効なのですが、

音楽を聴きながら取り組んだり、終わった後にご褒美を設定すると良いです

 

人間の脳は報酬を与えるとやる気が出るように作られているので、

簡単な楽しみを設けるとやる気が出やすいです

 

早い話、人参をぶら下げながら行動するということです

 

僕はブログ記事やレポートを書く気が起こらないときには、

必ず好きな曲を聴きながらやるようにしています

 

言い換えれば、「音楽を聴くために作業をする」みたいな感じですw

目的が逆転していますが、これはこれで効果があるのでオススメです

 

以上、3点の完璧主義を辞める方法をお伝えしました

ちょっと考え方を変えてみたり、取り組み方を工夫することで結構改善できます

 

もし完璧主義で困っているならば、

少しづつでいいので上記のことを試してみてください

 

大分改善されると思います

 

では、今回はこの辺で

最後までお読みいただきありがとうございました