んばんは、タクヤです

 

今回は、ネットビジネスの基礎知識ということで

「DRM」というビジネスモデルについて説明したいと思います

 

DRMとは?

DRMは、ダイレクトレスポンスマーケティングの略です

英語で表記すると、Direct Response Marketing です。頭文字を取ってDRMですね

 

以下DRMと表記します

 

DRMは、「信頼関係構築型ビジネス」です

つまり、お客さんとの間に徹底的に信頼関係を構築して、商品を販売します

 

DRMは

・集客×教育×販売

から成り立ちます。

 

???と思うかもしれませんが、簡単に言えば

お客さんを集めて(集客)お客さんに教育して(教育)お客さんに商品を売る(販売)ということです。

 

この

・集客×教育×販売

をしていく中で信頼関係を徐々に構築していきます

 

集客も、教育も、販売も

DRMではとても重要なので、1つ1つ順に説明していきます。

 

集客

集客は、お客さんを集めることです

ネットビジネスでは、主に「ブログ」を用いて集客をします

 

YouTubeやTwitterなどのSNSでも集客は可能ですが、

効率があまり良くないので集客効率の良い、ブログを主に使っていきます

 

ここで注意して欲しいのが、集客はアクセスを集めることではありません。

アクセスを集めることはトラフィックを集めると言います

 

集客は、集めたアクセスをリピーターにして初めて集客と言えます

つまりアクセスが右から左に流れるようでは意味が無いということです

 

何回も自分のブログに訪れてくれる「ファン」を作らなければいけないということです

ファンがいる=信頼関係を構築できていると言えます

 

どのようにファンを作るのか?ということは

別の記事にまとめたのでそちらをご覧ください

 

集客が一番のDRMのカギです

1万アクセスと10アクセスでは売り上げが1000倍も違います

 

10アクセスで5000円稼げている場合、1万アクセスで500万円になります

集客は一番力を入れるべきところです

教育

2番目は教育です

 

教育というとなんだか怪しいイメージがあるかもしれませんが

要は「あなたを信頼してもらうために色んな価値観を教える」ということです

 

教育に関しては、教材で勉強してもらうしかありません。笑

ここで書くとめっちゃ長くなるし、上手くまとめられる自信がありませんw

 

ちなみに、僕が教育を学んだのはこの教材です

New Generation

 

教育の達人になれば、ほっといても商品が売れていきます

一番磨きがいのあるスキルです

 

この教育という部分が抜けているとDRMが成り立たなくなるので

この部分もしっかり勉強するようにしてください

販売

3番目は販売です

販売はその名の通り「商品を売る」ことです。教材や商品をオファーします

 

1番目の集客と2番目の教育が上手くいっていれば商品は売れます。

ここは特に説明が無いです。笑 DRMの最終段階と言ったところですね。

 

ただ、集客と教育が上手くいったからと言って

詐欺商材や不当に高い高額塾をオファーしないようにしましょう

 

あっという間にお客さんとの「信頼関係」が壊れます

これは信頼関係構築型ビジネスであるDRMでは致命的です

 

自分が自信をもって勧められる「正しい教材」を販売しましょう

正しいことをするのはネットビジネスにおいて重要なことです

 

自分ばかり儲けられればいいという考えはダークサイドに落ちる危険性があります

 

DRMのメリット

DRMのメリットは

・初心者でも大きく稼ぐことが出来る

・初期実績がいらない

ということです

 

信頼関係を構築できるかどうかに全てがかかっているので、

今までの実績に関係なく稼ぐことが出来ます

 

また、月100万円以上稼ぐことも出来ます

DRMは年商20億円までなら個人で稼げると言われます

 

普通の人でもリスクが少なくお金持ちになれるビジネスモデルです

 

以上、DRMについて説明してきました

もっと詳しく学びたい人は、教材を使って勉強していきましょう

 

では、今回はこの辺で

最後までお読みいただきありがとうございました