f:id:wastefullifein1:20170806082654p:plain

前回の記事では前置き要素が長くなってしまったので、今回は単刀直入になぜ浪人時代に成績が伸びたのかを語っていこうと思います。

 

まず、浪人を通して成績が伸びるか否かを決める要素で一番大事だと思うのは、メンタル面です。

 

どんなに模試の成績が良くても、緊張などで当日の試験で結果を出せなければ何の意味もありません。当日の試験で合格点を取ることで、合格できるのですから。

 

また、勉強のモチベーション維持も大事になってきます。勉強に対するやる気がないと、勉強をしないわけですから成績は伸びません。

 

つまり、1年を通して良好な精神状態を維持する必要があります。実際、私は1年を通して不安はありましたが、おおむね良好な精神状態で浪人生活を過ごすことができました。

 

その要因として、まず第一に周囲の人間に恵まれたということが挙げられます。

 

浪人生活は想像以上に孤独な戦いとなります。一人で何時間も勉強しなければなりません。それも毎日。

 

また定期的に模試がありますし、成績が上がらないと相当なストレスです。

 

周りには現役生も多くいるし、何せ同級生が大学生となってウェイウェイ遊んでいるのを目の当たりにしながら勉強するのです。ストレス溜まりまくりです。

 

そんな生活を一人でやっていたら、必ずどこかで煮詰まってしまいます。

 

煮詰まらないためにも、適度に会話をしたり、食事を共にする友達がいるというのはとても重要なことです。友達と会話をすることで、思考が整理されますし、何より最も効果的にストレスが発散できます。

 

私の場合は、地元に大きな某有名予備校があったので、そこに通っていました。私の母校は浪人率が高く、同じ高校の知り合いや友達がその大手予備校に多く在籍していたのがよかったのかもしれません。

 

話したり相談できる友達を作る。これが成績を上げるための鉄則です。

 

ですが、浪人生といえども全員が全員意識高く勉強している人達ばかりではありません。

 

何しに来てるんだこいつら?と思うような、勉強もせず喋ってばかり、人の足を引っ張ってばかりな人が割とたくさんいます。

 

そのような人達とは付き合わないようにしましょう。つまり、付き合う人は選べということです。

 

私の場合、母校が地域トップ校でしたので、ありがたいことにそういった意識が低い人がほとんどいなかったのですが、友達選びはとても大事です。

 

私の友達で、宅浪(塾に行かずに家や図書館で勉強すること)をしたり敢えて友達がいない塾に行った人がいましたが、ことごとく受験に失敗していましたね。周囲に理解者がいるのはとても大事なことです。

 

また、浪人仲間というのはモチベーションを高めてくれる存在です。

 

私の友達は東大志望でしたが、彼と一緒に授業を受けたり話をすることによってモチベーションがかなり上がりました。

 

受験界の最高峰ともいえる東京大学を志望しているだけあって、勉強量や受験に対する考え方、日々の体調管理方法など本当に学ぶことばっかりでした。

 

もはや受験のプロだなと唸らされたものです。

 

彼は無事東京大学へ受かっていきました。

 

ぜひぜひ意識の高い友達を作って浪人生活を充実したものにしてください。

 

また、このことは浪人生活だけでなく高校生活や大学生活、その他諸々に応用できることです。

 

自分を高めたいと思うなら、意識の低い人とつるまずに、意識の高い人といるようにしましょう。

 

なんか友達を選んでいるみたいで嫌だな、と思う人もいるかと思います。

 

目標を達成するうえでちょっと自分の意識が下がりそうだな、という友達はその目標に関係ない時は今まで通り接すればいいかと思います。

 

友達を選ぶのは、あくまで目標達成するうえでの場面での話です。そこはうまくやっていきましょう。

 

少し難しい話になってしまいましたが、参考になっていただければ幸いです。

 

今日の話をまとめると、浪人生活ではメンタル面が最も重要で、メンタル面を維持するには

 

  • 話したり相談できる友達を作る
  • モチベーションを引き上げてくれる意識の高い友達を作る

この2つを意識すると良いでしょう。

 

ですが、友達なんてそんなに簡単に作れるもんじゃない!俺は一人で勉強して受験を乗り切りたいんだ!と思っている人もいるかもしれないので、次の記事では、メンタル面ではなく具体的な勉強法について書いていこうと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。