んにちはsyuです。

 

今回は、TOEICで800点を取るために必要な心構えについて話していきたいと思います。

 

TOEIC800点と聞くと、「難しそうだなあ・・・」とか、「私には無理だよ・・・」

って考えてしまう人も少なくないんじゃないかなって思います。

 

ですがあえてひとこと言わせてもうと、

TOEIC800点はちょっと頑張れば誰でも到達可能な点数です。

 

個人の努力次第では、あっさり到達できてしまうかもしれません。

 

個人の能力やセンスが問われるのは、基本的に950点を超えたあたりからです。

 

まず、TOEICはそんなに問題自体が難しくないです。

リスニングはセンター試験に毛が生えたレベルだし、リーディングは分量が多いだけで1つ1つの問題は比較的難易度が低い。

 

量が多いことで難しく錯覚しがちですが、落ち着いて解いてみると案外すんなり解けたりします。

 

つまり、問題に慣れることが出来ればどんどん点数がアップしていきます。

 

実際僕の友だちでも、500点→660点→750点と受けるたびに点数がアップしています。

 

何が言いたいかというと、TOEICは慣れが一番重要だということ。

 

問題形式も毎回一緒ですし、

受けるたびに問題を解くペースや捨て問題の見極めがどんどん上手になっていきます。

 

問題に慣れていくのと並行して、自身の英語力もアップさせていけば最強ですね。

 

僕自身一番もったいないなと感じているのが、

TOEICを1回受けただけで諦めてしまう人が多いということです。

 

TOEICを1回受けて低い点数を取ってしまい、

「やっぱり自分は英語ができないんだ」とあきらめてしまうケースが多い。

 

問題に慣れれば得点がグッと上がるということを知らずに諦めてしまうことは、非常にもったいないと言わざるを得ないです。

 

「でも、そんなにたくさんTOEIC受けたくないよ!」

「お金がもったいないし1回で良い点数取りたいよ!」

 

という人もいるかと思われます。

1回の受験料は5000円以上するし受験料もばかにならないのはよく分かります。

 

そこでおすすめな勉強法が、TOEIC公式問題集を繰り返し解くこと。

 

公式問題集はTOEICの協会が出してる模試形式の問題集で、

本番と全く一緒の形式の問題を解くことが出来ます。

 

つまり、自宅で模擬受験が出来るんです。

 

これを使わない手はありません。

1冊で2回分の模試が入ってますが、何回も繰り返し説けばTOEICそのものが身に沁みこんできます

 

公式問題集を使い古すころには、もうほとんど問題に慣れているでしょう。

 

ただやみくもに英単語帳を暗記したりするよりずっと実践的で効率的な勉強法を紹介しました。

 

これからTOEICを受けようとしている方も、TOEICの点数が伸びなくて悩んでいる方も、

公式問題集を繰り返し説いて問題に慣れていってください。

 

“問題に慣れること”が一番の高得点への近道です!

 

では、頑張ってください。応援しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。