さんは英単語帳を使うとき、どのような使い方をしていますか?

 

英単語帳の使い方には、効率のいい使い方があります。

 

効率の悪い使い方をしていると、

いつまでたっても英単語を覚えることができません。

 

では、僕が思う効率の良い英単語帳の使い方、英単語の簿え方についてお話していきます。

 

効率の良い英単語帳の使い方

効率の良い使い方は、

ズバリ分からない単語をチェックして、後で見直せるようにすることです。

 

英単語帳をただ意味もなく眺めているだけでは、

いくら毎日やったとはいえ頭には何も残りません。

 

まず、自分が分かる単語と分からない単語を明確に区別することが大事です。

 

それさえ分かってしまえば、

後は分からない単語を潰していくだけなので、最短で英単語を覚えることができます。

 

それでは、僕がどのように英単語を覚えていったのか紹介します。

 

まずざっと英単語帳を1周する

まずはもっている英単語帳を1周しましょう。

 

その過程で、分からない単語にチェックをします。

 

この時、チェックをするかどうかの基準があります。

 

それは、その単語を見てぱっとすぐに意味を思いつけるかどうかです。

 

少しでも悩んだり、

頭をひねったりしないと出てこないようならば、その単語を覚えているとは言えません。

 

実際のTOEICの試験中はいちいち単語の意味を思い出している暇はないので、

ぱっと見て意味が浮かぶぐらいのレベルまで覚える必要があります。

 

声に出して英単語を読む

英単語帳を1周して分からない単語にチェックをつけたら、

次は覚える作業に入ります。

 

最も効率の良い英単語の覚え方は、

「声に出して読む」ということです。

 

声に出して読むことで、

耳でも口でも目でも単語を吸収することができます。

 

英語ができないときの僕は、

「声に出して読む」という作業を怠っていました。

 

ずっと単語帳とにらめっこして、

ただ頭の中で必死に覚えようとするばかりで、効率の悪い勉強の仕方をしていました。

 

基本的に、

英単語は暗記するだけでは覚えられません。

 

英語は言語である以上、

話したり聞いたり五感をフルに使って覚えたほうが効率がいいです。

 

友だちと問題を出し合っても面白いですよ。

後は毎日継続して勉強するだけ

分からない単語を炙り出したら、

あとは毎日継続して勉強することが大事です。

 

この毎日継続して勉強する

ということができない人が多すぎます。

 

多くの英語ができない人は、

ある日ポッとやる気が出る

⇒2時間ぐらい集中して勉強するも飽きる

⇒1週間ぐらい放置

⇒またやる気が出てきたので2時間程なんとなく勉強

⇒やっぱり飽きたからまた1週間放置

 

大抵こんな感じのサイクルで勉強しています。

 

こんなサイクルでは、

英単語が身につくはずもありません。

 

英単語を覚えるには、

継続して勉強していくことが大事です。

 

でも、その継続することが難しいんだよハゲ!

 

という声が聞こえてきそうなので、

継続するたった一つの方法を教えます。

 

継続して勉強するには楽しみを見出すしかない

人間は楽しくないと、

物事を継続することができない生き物です。

 

マッチョになりたくもないのに、

毎日ジムに通うことなんてできませんよね?

 

マッチョになりたい人がジムに通えることができるのは、

筋トレ自体を楽しんでいるか、マッチョになった自分を想像してニヤニヤしているからです。

 

それをそのまま英語の勉強に応用すればいい話です。

 

一つは、英語の勉強自体を楽しむこと。

 

英語はできるようになればなるほど楽しくなってくるので、

最初が肝心なのですが、英語を楽しむ方法はいくらでもあります。

 

例えば、Youtubeのバイリンガールさんの動画を見るとか、

洋画を見たり洋楽を聴いたりとかまだまだ色々あります。

 

自分が楽しいと思う方法をぜひ探してみてください。

 

そして2つ目は、

英語ができるようになった自分を想像してニヤけてみてください。

 

・TOEICで高得点を取って友だちに尊敬のまなざしで見られている自分

・英語が上達して洋楽をノリノリで聴いてる自分

・外国人観光客に道を聞かれたときにスムーズに案内できる自分

・海外に行った際に英語に不自由することなく思いっきり旅行を楽しめている自分・・・・

 

何でもいいです。憧れの自分をイメージしましょう。

 

具体的な目標がイメージできれば、英語上達への道は最短になります。

 

僕の初心者向けおすすめ教材

僕がおすすめするのはDuOです。

 

DuOは基本的な単語から熟語まで幅広く網羅していて、

正直これ1冊でいいんじゃないかなと思っています。

 

1~2行の短い例文暗記が中心で、

例文暗記を繰り返すことで一緒に単語や熟語まで覚えられちゃいます。

 

もちろん、英語力をもっともっと伸ばすには他の参考書も必要ですが、

DuOは難易度が高くないので英語の勉強を始めるにはうってつけの1冊です。

 

 


僕もいまだにDuOめっちゃ愛用してます。笑

 

まとめ

英語の上達への近道はまとめると

 

・分からない単語を洗い出す

・音読して五感を使って体にしみこませる

・継続する

 

この3つが基本です。英語ができない僕でもこの3つを意識して勉強したらグングン伸びていったので大丈夫です。

 

意識するだけで違ってきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。