学生のうちにやるべきことってなんだと思います?

 

恋愛、遊び、お酒、バイト、サークル・・・・

どれもありきたりでよく言われていることです。

 

僕は今挙げたほとんどのことは、多少なりとも体験しました。

ですが、いつも心の底では「これでいいのかな・・・」なんて思ってしまったり。

 

他にやるべきことがあるんじゃないか?と思ってしまうのは、

やはり将来が不安だからですね。

 

このままで社会でやっていけるのかな・・・とか

ちゃんとお金を稼ぐことが出来るのかな・・・という悩みが、

遊びやバイトをしているだけじゃ消えないわけです。

 

なぜなら、全部悩みの解決には直結しないから。

 

なぜ大学生は悩むのか?

そもそもなぜ僕たち大学生は悩むのでしょうか?

それは就職に対する不安や、自分が将来やりたいことが出来るのかという不安が大きいからです。

 

結論を言うと、これらの不安の原因はすべて「お金」です。

 

もしあなたが今3億円を手にしていたら、就職について悩むことはありませんよね?

やりたいことが出来ない・・・と悩むこともないわけです。

お金がないからモテない・・・と思うこともないでしょう。

 

つまり、大学生の悩みなんてせいぜいお金があれば解決できるような悩みなんです。

 

だから、大学生はどうしたらお金を稼ぐことが出来るのか?

ということに対して真剣に取り組むべきなんです。

 

義務教育ではお金を稼ぐ方法は教えてくれない

人の悩みはほとんどお金のことなんですから、

義務教育でお金の稼ぎ方を教わるのが普通です。

 

ですが、義務教育ではお金の稼ぎ方は全く教えてくれません

それどころか、輪を乱さないようにとか、他人に合わせろとか、先生の言うことは正しく聞けとか

全くもって個人の役に立たないことを刷り込まれます。

 

これはなぜだか分かりますか?

それは、企業や日本の歯車となる人を大勢作る必要があるからです。

 

お金の稼ぎ方なんかを教えたら、

それこそ起業する人が増えてしまい、従業員がいなくなってしまいます。

 

そうすると、国の偉い人や権力者は困りますよね。

自分のために働いてくれる人がいなくなってしまいますから。

 

だから、義務教育によって労働する=正義という価値観を刷り込むのです。

常識を疑わないと、まんまと教育されて労働者になりますよ。

 

考えてみてください。

義務教育って誰が作ったんですか?

大学卒業したら働くって誰が決めたんですか?

本当に、自分の進路は今まで自分で決めましたか?

 

常識って誰が作ったんですか?

 

こんな感じで常識を疑わないと、気付かないまま誰かの思惑に左右されます。

僕も、今までは良い大学に入って大企業に入ることが幸せだと思っていました。

だから浪人してまで旧帝大に入りました。

 

でも、それが幸せなら今も幸せなはず。

だけれど閉塞感を感じているし、同じ企業で何年も働くことに疑問をかんじている。

 

そもそも、何で働かなければいけないのかが分からない。

 

そういう人って結構多いと思いますよ?

でも、みんな価値観を教育されてきているので、結局何をすればいいか分からない状態。

 

だから何も行動せず、疑問を持ちながら働き続ける。

そんな人生嫌ですよね?

 

そこで、僕が今から大学生のうちにやっておいたほうが良いことを話しますので、よく聞いてください。

大学生はブログを書いて文章力を上げろ

やっておいたほうが良いことは、ズバリブログを書くことです。

 

何でブログって思うかもしれませんが、

その理由はいくつかあります。

 

・ブログを書くことで文章力が上がる

・自分の意見を世間に発信することが出来る

・ブログが育てばそこから収入を得ることが出来る

 

他にもたくさんのメリットがありますが、大きいのはこの3つです。

ブログを書けば、単純に文章力が上がります

 

この記事は今1500文字ぐらいですが、

30分もかからずここまで書いています。

 

僕はブログを初めて2か月も経っていませんが、

すでにこのぐらいの文章ならばチャチャっと書くことが出来ます。

 

大学のレポートは1000字程度ですよね。

正直そのぐらいのレベルなら楽勝です。

 

毎日1000文字以上のブログを書いているので、

大学のレポートなんて余裕になります。

 

まあ僕はまだまだ駆け出しのレベルですが、

このままどんどんブログを書いて文章力を上げれば、プロレベルまでなれるかもしれません。

 

文書力が高い人というのは、社会でも重宝されます。

 

またブログを書くことで、世間に情報発信や自分の意見を発信することが出来ます。

昔ならばそのような場はなかったので、ネットが発達した今の時代だからこそ出来ることです。

 

自分の書いた記事を知らない人に見てもらい、

フィードバックを貰って改善するという作業はとても頭を使う作業です。

 

ブログを書いていけば、それだけで自分の意見を持ちやすくなります。

これからの時代に必ず必要となってくるスキルです。

 

また、ブログを書いてそのまま終わりではありません。

ブログから収入を得ることが出来ます。

ブログから収入を得られる

ブログから収入を得られることは知っていましたか?

方法は色々あるんですが、一番簡単な「グーグルアドセンス」について話していきます。

 

グーグルアドセンスは、ブログに張り付ける広告です。

おそらく他のブログに行けば、「スポンサードリンク」という文字とともに広告が張られていると思います。それです。

 

この広告は1クリックごとに30円ぐらいもらえます。

それでは、収入のシミュレーションをしてみましょう。

 

グーグルアドセンス広告がクリックされるのは、

大体100人に1人です。

 

つまり、記事を読む人が100人いればそのうちの1人がクリックしてくれるので、

100人の訪問者あたり30円もらえる計算になります。(1×30)

 

月に10万人訪れるブログなら、(10万÷100) ×30=3万円もらえる計算になります。

月に10万人なら、1日では10万÷30=3300人の計算ですね。

 

つまり1日に3300人集めれば、1か月で3万円の不労所得になるのです。

1日3300人はそんなに難しくないですよ。

 

100記事書けば、1記事当たり33人集めればいいです。

300記事なら、1記事当たり11人。

 

1記事当たり11人は簡単に集められます。

つまり、1日1記事書いて、それを1年間続けただけで

「一生」1か月に3万円得ることが出来るのです!

 

これってすごいことだと思いますよ。

1万円昇給するのも大変なのに、一日1記事を1年間続けただけで達成できてしまうんですから。

 

それに、書き続ければブログの知識もついてどんどん書くのが上手くなりますからね。

そうすればアクセス数もどんどん上がります。

 

月3万円以上も夢じゃない

上記の話だと月3万円しか稼げないように思えますが、

3万円稼げるようになっているころには知識も文章力もついてるので、もっと稼ぐことが出来るようになります。

 

実際に50万円とか、100万円とか稼いでいる人もたくさんいます。

そうなるためには、多少努力しなきゃいけないですけどね。

 

結論:ブログ書こうぜ大学生!

ブログ書こうぜ大学生!

・文章力が上がって自分の意見が言えるようになる。

・1日1記事で月3万円もしくはそれ以上の不労所得が得られるようになる。

 

こんなメリットがあって書かないなんてもったいないよ!

ぜひ、自分の将来のためにブログを書きましょう。

 

では、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。