んにちは、タクヤです

 

僕は音楽を聴くのが大好きなんですが、

なかでも「ブルーハーツ」の大ファンです。

 

ブルーハーツは

・リンダリンダ

・TRAIN TRAIN

・情熱の薔薇

 

など、多くの名曲を生み出しているのでご存知の方は多いと思いますが

ブルハのファンだ!という同世代はほとんどいないんですよね^^;

 

一昔前のバンドなので仕方がないっちゃ仕方ないかもしれませんが

僕個人としては少し寂しいものがあります

 

そこで、今回は僕が3時間かけて悩みぬいて選んだ

「ブルーハーツの隠れ名曲」をランキング形式で紹介したいと思います!

 

この記事をきっかけにして

ブルーハーツのファンが増えてくれることを期待しています^^

 

隠れ名曲5位:ロクデナシ

まずは「ロクデナシ」です。

 

この曲の何が良いかというと、

「劣等生でも生きていて良い」って思わせてくれるところですね

 

社会に上手く馴染めなくても、役立たずでも不器用でも

力強く生きようと心を奮い立たせてくれる曲です

 

劣等生でも地球の中心のように振舞ってもいいのです

あなたの人生の主人公は、あなた以外の何物でもないのです

 

ありのままの自分で良いと心から思わせてくれる名曲ですね。

 

 

隠れ名曲4位:首つり台から

次におすすめするのが「首つり台から」という曲です。

 

この曲は首つり台に立ってもなお、

笑い続けるというある意味狂気に満ちた曲ですw

 

でも、その中に熱い思いが読み取れます

相当芯が強くないと歌詞のような芸当は真似できません

 

メロディと歌詞がマッチして、熱くも心強い気持ちになれる曲です

イライラした時に聴いたり歌ったりするとストレス発散になりますw

 

 

隠れ名曲3位:皆殺しのメロディ

次におすすめするのが「皆殺しのメロディ」という曲です。

 

この曲の歌詞は結構ヤバくて

本当にバカバカ言いまくっているんですが、そこに全く嫌味がありません

 

一見ふざけた曲に思えがちですが

なぜか悲しい気持ちになってしまう曲です

 

約2分10秒と短めの曲ですが、なぜかハマってしまう

曲は時間じゃないんだと思わせてくれる曲です。

 

 

隠れ名曲2位:歩く花

次におすすめするのが「歩く花」という曲です

 

この曲はブルーハーツらしい叫ぶという感じではなく、

結婚式で使われたりするほどしんみりとした曲です

 

実はボーカルの甲本ヒロトが友人の結婚式のために書き下ろした曲なんですが

歌詞が本当に心にしみます。まさに結婚式向けです

 

特に「普通の星のもとに生まれ、特別な恋をする」の部分は

僕の結婚式で歌われたら号泣すると思いますw

 

ひとまず1回聴いてみてください^^

歌詞と合わせて聴けばさらに曲の良さが分かると思います。

 

 

隠れ名曲1位:旅人

さあやってまいりました第1位の発表です

僕がおすすめする第1位は「旅人」という曲です

 

僕自身が自由になりたい願望が強いのですが、

この曲はその気持ちを全て代弁してくれています

 

特に、「あらゆる探検やあらゆる冒険の登場人物に憧れて」

という部分は自分でもハッとするほどそう思っていた部分です。笑

 

そして、その歌詞にマッチしたポップなメロディーにもハマります

どんどんリズムに乗せられてテンションがハイになります

 

この曲を聴いているあなたは旅人です

 

ぜひ聴いてみてください^^

 

 

ブルーハーツはライブ映像を見ると好きになる

ここまでほとんどの動画を音源やPVで紹介してきましたが、

ブルハの真骨頂はライブ映像にあります。

 

ライブ映像は音程がバラバラなので曲自体が分かりづらく

曲の紹介には向いてないと思ってあまり紹介しなかったんですが

 

ブルーハーツが気になったならYouTubeでライブ映像を見てみてください

迫力があり過ぎて絶対に心を奪われると思います

 

ブルーハーツの素晴らしさがこの記事であなたに伝わったのなら嬉しいです

 

では、今回はこの辺で

大学生に聴いてほしいブルーハーツの隠れ名曲5選を

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タクヤでした。