んばんは、たくやです

 

「理系は単位を取るのが難しい」

なんてよく言われていますけど、それって本当でしょうか?

 

僕も一応理系なんですが、

結論から言いますと「大変である」と言えます。笑

 

それにはいろんな理由があるんですけども、

 

・テストばかりで勉強量が多くて大変

・理系の教授は採点が厳しい

・実験の認定単位がコマ数に比べなぜか少ない

 

この3つが主に理系の単位を取るのを難しくさせてる原因かな~

と、僕は思いますね。

 

①単位認定がテストばかりだから難しい

理系は単位をほとんどテストを受けることで取ることになります

大体60点以上取れば単位はとれる基準ですが定かではありません

 

テストで高得点を取るためには

 

・普段の講義を真面目に出席し、真面目に聞く

・テスト勉強を真面目にやる

・過去問や問題傾向などの情報収集が必要

 

と、かなりやることがたくさんあるんですよこれが(´;ω;`)

 

単位認定がレポートのみ、出席のみだったらさほど苦労しなくて済むのですが

テストは問答無用で結果を出さなければいけないので相当きついですww

 

僕は生物系の学科なんですが、暗記が特にきついですね~~

特に、興味のない分野を頭に詰め込むのは地獄のように苦痛です!

 

暗記に関しては、医学部や薬学部の人達には頭が下がる思いですw

あんな勉強量をこなしていくなんて鉄人過ぎる~

 

でも、逆に自分の学ぶ学問に興味がある人にとっては

理系は天国かもしれないですね。たくさん学べますよ。

②採点が厳しい教授に当たってしまう

 

どこの学部でも教授のキツイ緩いはあると思うんですけども、

理系の教授は特に厳しい人が多いように感じますね。

 

僕はとある科目で満点近い出来で提出したのにギリギリ評価だったこともあって

どうやって採点してるのか疑問に思ったこともあるんですけど

 

ほぼ過去問と似たような問題が出る傾向だったので、

過去問を研究しまくってテスト本番で全部解けたのに「優」をもらえませんでした。

 

友達に聞いても、みんな同じく良い評価をもらえてなくて、

中には単位を落として再試験になってしまった人もたくさんいました。

 

なんでこんなことが起きるかっていうと、

教授の採点がとても厳しかったんですよね。

 

いわゆる「癖のある教授」だったようです(^^;

(教授にはこういう掴みどころのない人が結構います)

 

そう簡単に単位はやらないぞ!みたいなことを思ってるんでしょうかね~

 

こういう優しくない教授の授業に当たると、

テストで苦労することがあるので気を付けましょう(´;ω;`)

③実験の単位数が少なく見積もられてしまう

文系の友達に話すといつもビックリされるんですが、

実験の単位数ってコマ数に比べてスゴイ少ないんですよw

 

どういうことかというと、例えば実験が「3コマ」あっても

貰える単位数は「1」だったりするんです。

 

普通は1コマで2単位だと思うんですけど、

実験にになるとなぜか減りますなんでやねん

 

これが理系学生の嘆きです。

理不尽な扱いにひたすら耐えながら、実験やレポートを頑張ってこなすのです

 

という冗談は置いといて、まあこれが何を意味するかというと

「授業のコマ数がめっちゃ多くなる」んですよ

 

3コマとっても1単位しかもらえないんだから、

実験を履修すると週に20コマとかになります

 

実験は必修単位なので取らないわけにもいきませんしね

これが理系がいつも忙しそうにしている理由です

 

 

少し話がそれてしまいましたが、

以上が理系が単位を取るのが難しいと言われる理由です!

 

では、今回はこの辺で^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事も多く読まれています↓

大学生は上辺だけの友達を作る暇があるなら自分で稼ぐ力を身に着けろ!

一生会社員として働くという刷り込まれた常識に疑問を持つべき理由