「理系は単位を取るのが難しい」

よく言われる言葉ですが、

果たして本当なのでしょうか。

 

理系はつらいよ。理系の大学生活

必修単位を落とした人が真っ先にやるべきことリスト

 

理系学部にいる人は

簡単だとは思ってないでしょう。

 

では、理系学部に所属する

現役大学生の筆者の考えを話していこうと思います。

 

理系は本当に単位を取るのが難しいの?

結論から言いますと、理系は単位を取るのが難しいです。

 

なぜかというと理系は文系と違って

テストでの単位認定が主だからです。

 

レポートのみの授業だったら、

レポートを出せば最低限単位を取得できます。

 

ですが、テストの場合は60点以上取らなくてはいけないし

問題も専門的で難しいです。

問題が難しいため「過去問」が必要であり

その過去問をゲットするのにも労力を使います。

 

もちろん、文系に多いレポートは楽だとは言いませんが

総合的に見て理系のほうが単位取得は困難です。

 

単位を落としてしまう人は原因がある

理系は単位取得が難しいですが、

普通に授業に出てテスト勉強をしていればそうボロボロと落とすことはありません。

 

ですので、単位を落とす人には必ず原因があります。

 

原因①授業をサボる

もうこれが断トツで1位ですね。

「サボり」が圧倒的に単位を落とす原因です。

 

もしこの記事を見ている、

単位を落としそうな大学生の人がいたら言います。

 

授業サボってないですか?

 

だって、授業を真面目に聞いていれば

先生がテスト出るところ言ってくれるし、試験範囲の内容も把握しているはずです。

 

レジュメとかだって全部揃ってるはず。

出席も足りてますよね。

 

それなのに、テストやばい!単位落ちそう!って言ってるのは

イコール=「僕授業サボってました~ww」

って言ってるようなものですよ?笑

 

原因②テスト勉強をサボる

テスト勉強ちゃんとしてますか?

 

まさか、テスト前にもかかわらず布団の上でスマホいじってたり

友だちとしょーもない話に花を咲かせたりしていませんよね?

 

単位を落とさない人は

なんだかんだちゃんと勉強してるんですよ。

 

過去問を研究して

解答をしっかり作ってるんですよ。

 

やってね~終わらね~とか言いながら、

(まあ単位は余裕だけどね、プッ)と心の中で思ってるんですよ。

 

単位を取りたいなら勉強しましょう。

単位が空から降ってくることは無いです。

 

単位を確実にとるには?

じゃあ単位を確実にとるにはどうすればいいの?

という質問が来そうですが、

答えはとてもシンプルです。

 

授業にしっかり出て

授業をまじめに聞いて

過去問やレジュメをしっかり確認して

勉強をする

たったこれだけです。

 

本当に当たり前なことですよね。

でも、意外とその当たり前なことが出来ていない人が多いんです。

 

つまりこの4つを守れば、

あなたは周りの学生に圧倒的な差を付けることが出来るのです。

 

ぜひ心がけてみてください。

 

以上、理系の単位事情についてでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事も多く読まれています↓

大学で単位を落とす人の特徴まとめ。

大学での単位取得の基準や上手に取る方法

無駄なことが何一つないのは無駄から学ぶことが有るからということ