系だけど必修単位を落とした!

 

これはちょっとヤバいです。

必修単位がないと進級できなかったり、卒業できなかったりしますからね。

 

僕は理系で必修単位を落としたことはありませんが、

周りの友達で落とした人を何人も見ています。

 

そのことも踏まえて、

必修単位を落としたときに真っ先にやるべきことを紹介したいと思います。

最重要事項:再試験の情報を集める

必修ならば再試験があると思います。

 

再試験は通常夏休みなどの長期休暇中に行われるので、

勉強する時間はたっぷりあります。

 

大学によって試験の傾向が違うのでなんとも言えませんが、

再試験の過去問だったり情報だったりがあるはずです。

 

そういった情報をまずかき集めましょう。

再試験は情報が命です。

 

僕の大学では問題が本試験の問題と同じだったり、

難易度が劇的に低いということもありました。

 

本試験と問題が同じなら本試験の解答を暗記すればいいし、

本試験より易しい問題ならそこまで勉強する必要ないですよね。

 

このように、再試験に関する情報をまず集めて、

傾向に応じた対策を取るのが一番です。

同じように落とした人を見つける

同じ必修科目を落とした人を見つけておいたほうが良いです。

 

同じ境遇にいるので、情報の交換だったり

一緒に勉強したりと何かと対策がしやすいからです。

 

必修を落とした時は危機感しかないと思うので、

普段あまり仲良くない人とでも一致団結できると思います。

 

また、落とした人が近くにいるというだけでも安心感が違います。

不安なまま勉強しても身が入らないですよね?

安心感というのはとても大事です。

教授に直談判する

試験の情報の集め方が分からないし

仲間を見つけることが出来ない場合は、教授と直接話をしましょう。

 

再試験の範囲はどのあたりか?とか

どのような問題がでるか?ということを聞きに行きましょう。

 

教授は基本的に学生に質問されるのが好きなので、

こういう話にも快く応じてくれるので心配ないです。

 

質問しに行くというだけで熱心さが認められる場合もあります。

 

たとえ単位を落としていたとしても、教授に聞きに行くことで

「コイツやる気あるな」って思ってもらえる可能性大です。

 

教授と言えども、使えるものは使っちゃいましょう。

最悪の場合:来年に懸けよう

進級に問題がないならば、

来年また受講するというのもありです。

 

一度授業や試験を受けているので、

理解度や雰囲気は誰よりも上回っているはずです。

 

まあ1つ下の学年と一緒に受けるという

人によっては苦痛なシチュエーションかもしれませんが・・・

 

でも、再履修する人は意外と多いので心配する必要はないです。

下手すれば再々履修とかいますから。笑

 

再々履修はヤバいですけどね。

そうならないように、再履修の場合は危機感が半端じゃないので

危機感を利用して単位を取るという方法になりますね。

まとめ

必修を落としたならば、再試験の情報集めや仲間探しを一番初めにやったほうが良いですよ。

そうすれば、単位取得難易度がグッと下がります。

 

効率的に単位を拾いましょう。笑

最後までお読みいただきありがとうございました。